ボーイング 767-200 航空機 徹底ガイド

ボーイング 767-200

ボーイング 767-200(Boeing 767-200)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 767

ボーイング 767-200 航空機ガイド

ボーイングが製造した767-200に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる767-200に関する製造航空機(338機)、ニュース記事(218本)、飛行機写真(航空フォト:9,541枚)、搭乗記・口コミ(26件)、航空イベント(55件)、就航路線(10路線)を提供しています。

ボーイング 767-200について

ボーイング767-200は、180席から255席仕様の中型機です。1981年9月26日に初飛行し、1982年にはローンチカスタマーのユナイテッド航空へ初号機が納入されています。

全長は48.5メートルで、座席は174席から250席超を装備できます。航続距離はオリジナルの767-200が7,200キロメートル、航続距離を延長した767-200ERは12,200キロメートルとなっています。

当初は、機長、副操縦士、航空機関士の3名による操縦を想定して開発されていましたが、アメリカ政府から「2人乗務でも安全運航が可能」という結論が発表され、同時にライバルのエアバスが開発するA310が2名による運航を本格化したため、2名乗務へ設計変更しています。

日本では、日本航空(JAL)と全日空(ANA)が導入しましたが、すべて退役しています。経営不振の際にデルタ航空の社員が有志で購入した愛称「スピリット・オブ・デルタ」の「N102DA」は2006年3月に退役し、現在はデルタ航空博物館に寄贈されています。

軍用型では、767-200ERをベースに、航空自衛隊が運用するAWACS(空中警戒管制機)のE-767、イタリア空軍や航空自衛隊が運用する空中給油・輸送型のKC-767、アメリカ空軍と航空自衛隊が運用するKC-46が開発されています。

初飛行日 1981年9月26日
座席数 174席〜255席
航続距離 9,400km(767-200)、12,200km(767-200ER)
製造機数 249機
製造終了年 1994年(旅客機)
ローンチカスタマー ユナイテッド航空
日本で使用した航空会社 日本航空(JAL)、全日空(ANA)

ボーイング 767-200 投稿・登録状況

登録機体数
338機
ニュース記事
218本
イベント
55件
航空フォト
9,541枚
搭乗レビュー
26件
運航路線数
10路線
派生型
767 767-200 | 767-300 | 767-400
ICAO機種コード
B762 | E767
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング 767-200」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング 767-200 記事

ボーイング 767-200の航空・飛行機に関するニュース記事 218件が配信されています。

ボーイング 767-200 イベント情報

ボーイング 767-200のこれから開催されるイベント情報 5件が登録されています。

ボーイング 767-200 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング 767-200の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、9,541投稿されています。

ボーイング 767-200 搭乗レビュー

ボーイング 767-200の搭乗レビュー 26件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く