エミレーツ、民間機最高額9.9兆円の発注 777Xを150機 A380を50機 | FlyTeam ニュース

エミレーツ、民間機最高額9.9兆円の発注 777Xを150機 A380を50機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エミレーツ航空は2013年11月17日、ドバイ・エアショーで777Xのローンチカスタマーとして150機、A380を50機発注しましたが、民間航空機史上で最高額の発注となったようです。正確には、777Xは777-8Xが35機、777-9Xが115機と50機の購入権が付いた契約。オプションを除く確定分だけで中型、大型機200機の発注で、金額では990億ドル、9.9兆円と小国の国家予算並みです。実際には大型発注のため、値引きを獲得していることが想定されますが、それでも民間航空機の歴史に残る発注となりそう。

この発注でエミレーツは777が214機、A380が101機、A350が70機と385機の納入待ち機数となります。この金額は1660億ドルにものぼります。

注目される最新機は2020年の受領開始、2025年以降までに導入をしていくもので、機材更新などに使われます。このうち、777-8Xは3クラスで342席、777-9Xは440席超の2クラス使用とする予定。エンジンはGE9Xエンジンを搭載、こちらは300基を発注しています。

A380はファーストを含む3クラスと2クラスの2つの仕様で構成。今回の発注分は2018年から導入を開始します。すでに39機を運航しており、今回の発注とあわせ、納入待ちのA380は101機。今後もエミレーツ航空はA380の最大の運航会社となるようです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加