アメリカ空軍博物館、2015年の新展示館でCV-22や大統領専用機を展示へ | FlyTeam ニュース

アメリカ空軍博物館、2015年の新展示館でCV-22や大統領専用機を展示へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ・オハイオ州デイトンのアメリカ空軍博物館に2013年12月12日、CV-22Bオスプレイが到着しましたが、この4号館は2015年終わりに公開される予定です。

アメリカ空軍博物館 4号館 完成予想図

4号館は2014年春から建設が始まり、公開される航空機はCV-22Bのほか、マッハ3の戦略爆撃機XB-70も展示されます。さらに、大統領専用機のギャラリーも設けられ、VC-137 SAM-26000も展示されます。

そのほか宇宙開発に関するスペース・ギャラリーや、C-141スターリフターなどの輸送機を展示するグローバルリーチ・ギャラリーなども充実させます。

アメリカ空軍博物館はライトパターソン空軍基地に隣接する国立博物館で、無料で見学することができます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加