日米豪共同演習「コープノース2014」2月17日からグアムで開催 | FlyTeam ニュース

日米豪共同演習「コープノース2014」2月17日からグアムで開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍太平洋空軍(PACAF)は、2014年2月17日から28日まで、グアムのアンダーセン空軍基地で「コープノース2014」共同演習を実施すると発表しました。この演習にはアメリカ空軍と航空自衛隊、オーストラリア空軍から約50機の航空機が参加します。

コープノースは1978年に三沢基地で開催されて以来、当初は年4回、最近では年に1回開催され、今回で第85回となります。アメリカ空軍からは約1,200名、航空自衛隊からは約430名、オーストラリア空軍からは約240名が参加します。

演習第1週は人道支援や災害派遣、空中戦の訓練が行われ、第2週には大規模な軍事力行使に焦点が移り、空対地攻撃や戦闘機対戦闘機の戦術訓練などが行われ、航空自衛隊機はファラリョン・デ・メディニラ射爆場で地上攻撃を訓練します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加