ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し | FlyTeam ニュース

ANA、DHC-8-300を退役 羽田/三宅島線ラストフライトは羽田引き返し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

全日空(ANA)は2014年3月31日、羽田/三宅島線で使用していた、ボンバルディアDHC-8-300でラストフライトを運航しました。最終日の運航は天候調査のため11時45分発を13時に変更したものの、さらに14時に変更、14時12分に出発しました。火山ガスのため、羽田空港への引き返しの条件付き運航でしたが、羽田に引き返し、欠航となりました。

ANAグループは2001年にYS-11の機材更新としてDHC-8-300を導入、地域を結ぶ路線で運航していました。この機材の退役により、ANAグループのボンバルディア機は全てDHC-8-400に統一されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加