日本エアコミューター、奄美大島発着鹿児島、喜界島、徳之島線で50周年 | FlyTeam ニュース

日本エアコミューター、奄美大島発着鹿児島、喜界島、徳之島線で50周年

日本エアコミューター(JAC)は奄美大島発着3路線で就航50周年を迎えました。東亜航空が就航した路線で、1964年7月1日に奄美大島/鹿児島線、7月3日に奄美大島/喜界島線、奄美大島/徳之島線を開設しました。東亜航空は1971年5月に日本国内航空と合併、東亜国内航空となりました。

日本エアコミューターは東亜国内航空と鹿児島県奄美群島の市町村が設立し、1988年から定期便路線を運航。東亜国内航空の日本エアシステムへ名称変更後、日本航空との合併で現在のJALグループでの運航となっています。

現在、奄美大島/鹿児島線はQ400(DHC-8-400)とサーブ340Bで1日8往復、奄美大島/喜界島線はサーブ340Bで1日3往復、奄美大島/徳之島線はサーブ340Bで1日2往復を運航しています。

期日: 2014/07/01 〜 2014/07/03
メニューを開く