スカイマーク、A380発注キャンセルでコメント 大手傘下か法外な違約金 | FlyTeam ニュース

スカイマーク、A380発注キャンセルでコメント 大手傘下か法外な違約金

スカイマークはA380の導入について、発注キャンセルが報じられた件について2014年7月29日付でコメントを発表しました。2010年にA380を導入する計画、国際線の参入を発表しましたが、円安や競争の激化による経営環境の厳しさが増したため、当初の計画を変更せざるを得ないとしています。

これを受けて、2014年4月から、エアバスと発注キャンセルについて話し合いを進めているとしていますが、交渉は難航していると言及しています。その理由に、スカイマークが大手航空会社の傘下に入ることを契約変更の条件の一部として要求していること、これを拒否してA380をキャンセルすると、常識を逸脱した法外な違約金を提示しているとしています。

スカイマークは、エアバスが契約通りの機体数を納入し、代金を回収することが第一の目的であることに理解は示しつつ、自社の経営の主体性を揺るがす要求は受け容れられないと明言しています。

同社は創業から、旧態依然とした航空業界に価格競争を持ち込み、航空運賃の低価格化に貢献し、大手航空会社に頼らず独立して存在することに企業としての価値があるとしています。また、収益が悪化しているものの無借金で、A330のグリーンシートは好評で搭乗率も上がっているとしており、他社の傘下に入ることは選択肢にないとしています。

発注キャンセルについては7月28日付でブルームバーグなどが伝えています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く