エアバス、スカイマークのA380受注契約破棄を発表 詳細説明はなし | FlyTeam ニュース

エアバス、スカイマークのA380受注契約破棄を発表 詳細説明はなし

エアバスは2014年7月29日付で、スカイマークのA380発注について短いコメントを発表しました。これはすでに報じられ、スカイマークが表明した通り、2011年に締結したA380の6機の契約について破棄したことを発表しました。エアバスは、この救済策(remedy)などについて担保しているともコメントしています。

スカイマークは発注キャンセルについての交渉内容について、大手航空会社の傘下に入り契約変更すること、または常識を逸脱した法外な違約金を提示していると明らかにしています。エアバスは具体的な「救済策(remedy)」については明言していません。

この記事に関連するニュース
メニューを開く