バニラエア、「JA08VA」を受領 2016年度以降まで8機体制で運航 | FlyTeam ニュース

バニラエア、「JA08VA」を受領 2016年度以降まで8機体制で運航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

成田空港を拠点にするレジャー・リゾート路線の格安航空会社(LCC)、バニラエアは2015年2月7日(土)、新機材の機体記号(レジ)「JA08VA」を受領しました。この機材は1月21日に初飛行した機体です。

デリバリーはトゥールーズからラスアルハイマ国際空港(アラブ首長国連邦)、バンコク・ドンムアン空港(タイ)を経由し、成田国際空港に飛来します。

バニラエアは就航当初は2015年度に10機体制を計画していましたが、ANAグループ中期経営戦略のローリングプランで発表されている通り、2015年度の黒字化に向けた収益改善を優先させることから増機計画を遅らせ、8機体制で運航します。このため、拡大は2016年度以降となり、しばらくこの機材の導入後は新機材の受領はありません。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加