ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が就役、5機の同時運用が可能

ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が就役、5機の同時運用が可能

ニュース画像 1枚目:護衛艦「ひゅうが」 DDH-181
護衛艦「ひゅうが」 DDH-181

ヘリコプター搭載護衛艦「いずも(DDH-183)」が2015年3月25日(水)、就役しました。建造したジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で引渡式、自衛艦旗授与式が催され、横須賀基地に配備されたものです。

「いずも」にはSH-60K哨戒ヘリコプターを7機、輸送・救難ヘリコプターの2機を搭載される予定です。「ひゅうが(DDH-181)」が長さ195メートル、幅33メートルでしたが、「いずも」は一回り大きい長さ245メートル、幅38メートルです。これにより「ひゅうが」は4機のところ、「いずも」は5機のヘリコプターを同時に運用することができます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く