エアバス、IAGからA330を4機、A320neo15機の確定発注を発表 | FlyTeam ニュース

エアバス、IAGからA330を4機、A320neo15機の確定発注を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エア・リンガス塗装のA330-300

エア・リンガス塗装のA330-300

  • ニュース画像 2枚目:イベリア航空塗装のA330-200

エアバスは2015年11月9日、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)がワイドボディ、単通路機で計19機を確定発注したと発表しました。A330-200が2機、A330-300が3機、A320neoが15機で、IAGが11月5日付で発表しているものです。IAGのエアバスへの発注機数は計470機にのぼります。

A330-300はエア・リンガス向け、A330-200はイベリア航空向けで、A320neoはIAGグループ内で配備されます。エアバスはこの発注について、同社が製造する全ての機種を保有しており、大切な顧客の一社だとして、今回の発注を歓迎しています。これらの機材は、IAGによる最発注により優れた生産性が裏付けられるとコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加