イージージェット、初のA320neoを受領 A320ファミリーの300機目 | FlyTeam ニュース

イージージェット、初のA320neoを受領 A320ファミリーの300機目

ニュース画像 1枚目:「NEO」のデザインが描かれたイージジェット初のA320neo
「NEO」のデザインが描かれたイージジェット初のA320neo

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)、イージージェットは2017年6月14日(水)、同社初のA320neoを受領しました。機体記号(レジ)「G-UZHA」は、CFMインターナショナルのLEAP-1Aエンジンを搭載し、イージージェットとしてA320ファミリーの300機目の機体です。トゥールーズで開催された引き渡し式典には、イージージェットのキャロリン・マッコールCEO、CFMインターナショナルのGaël Méheust CEO、エアバス・グループのトム・エンダースCEOなどが出席しました。

イージージェットのA320neo初号機は、186席を装着しており、機体は新機種を示す「NEO」のデザインがコクピット窓の下、さらに胴体後部にデザインされています。この機体は、ロンドン・ルートン発着で6月16日(金)からアムステルダム、マドリード、エディンバラ線に投入される予定です。

イージージェットのA320ファミリーの導入は2003年に開始、その機材数を拡大し、現在はヨーロッパで最も多いA320ファミリーを保有する航空会社となっています。また、NEOでもヨーロッパ最大の発注者です。同社はA320neoからA321neoに発注を変更するなど、発着枠の増加が厳しいロンドンなどで投入する座席数の増加もめざしています。なお、イージージェットは確定発注でA320neoが100機、A321neoが30機、オプションでA320neoを100機の追加発注権の契約を締結しています。

マッコールCEOはNEOの導入で、現行のA320から7%の座席コスト削減につながり、温暖化ガスの排出削減など環境にやさしい体制を作ることができ、同時に航空運賃の低廉化にも貢献するとコメントしています。

メニューを開く