エアバス・ヘリコプターズ、海上保安庁とH225の3機追加契約を正式発表 | FlyTeam ニュース

エアバス・ヘリコプターズ、海上保安庁とH225の3機追加契約を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:海上保安庁のH225ヘリコプター

海上保安庁のH225ヘリコプター

エアバス・ヘリコプターズは2017年6月21日(水)、海上保安庁とH225を3機、購入契約を締結したと発表しました。この新しい契約により、2020年2月までに海上保安庁のH225は合計9機に拡大する予定です。海上保安庁は2016年に6機目のH225を発注しており、2018年に納入される予定です。

海上保安庁は、H225ヘリコプターの導入で日本の沿岸や領海での活動、治安強化や災害救助活動に使用ます。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは海上保安庁は25年間にわたりスーパープーマ・ファミリーを運航し、この追加発注は機体への信頼性と長年にわたる献身的なサポート体制が実ったことを示しているとコメントしています。H225は、あらゆる気象条件下で運航される多様性を考慮し、捜索救助、沿岸・島嶼の安全・警備など海上保安庁の任務に最適とアピールしており、同社の日本チームは引き続き稼働率を高めるため最大限のサポートを提供するとしています。

なお、今回の発表はエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンが2017年2月、航空局に対して申請している機体番号(レジ)「JA693A」「JA694A」「JA695A」の3機とみられます。申請では3機とも2019年5月の本登録が予定されており、この時期に日本への機体輸送が行われ、試験や整備等を経た後に引き渡されることが想定されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加