スクート、新千歳/シンガポール線で冬季直行便を週2便 経由便含め計5便 | FlyTeam ニュース

スクート、新千歳/シンガポール線で冬季直行便を週2便 経由便含め計5便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:スクート、イメージ

スクート、イメージ

シンガポールの格安航空会社(LCC)のスクートは、新千歳/シンガポール線に冬季限定で直行便を就航します。スクートは火、木、土の週3便を台北経由で運航していますが、冬スケジュール期間中に金、日の最大週2便を直行便で運航し、週5便を運航します。

スケジュールは、新千歳発TR891便が15時40分、シンガポール着23時10分、シンガポール発TR890便が金は5時45分、日は6時10分で、新千歳着が14時10分です。機材は、スクートビズ35席、エコノミー340席、計375席の787-9を使用します。金曜日は11月3日(金・祝)から、日曜日は12月3日(日)から、いずれも2月11日(日)までの運航です。

なお、火、木、土は新千歳発TR893便が17時25分、台北経由後のシンガポール着は翌日3時、シンガポール発TR892便は5時55分、新千歳着が15時55分で、787-8を使用します。

スクートの坪川日本・韓国支社長は「暖かいシンガポールへのご旅行を直行便でご提供できることを嬉しく思います」とコメント、東南アジアやオーストラリアなどスクートの幅広いネットワークを使った接続も可能とアピールしています。

期日: 2017/11/03 〜 2018/02/11
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加