アトラン・アヴィアトランス・カーゴ、4機目の737-400BCF導入

アトラン・アヴィアトランス・カーゴ、4機目の737-400BCF導入

ニュース画像 1枚目:アトランの737-400BCF
アトランの737-400BCF

ヴォルガ・ドニエプル・グループのアトラン・アヴィアトランス・カーゴ・エアラインズは2019年1月10日(木)、4機目の737-400BCFを導入したと発表しました。

導入されたのは製造番号(msn)「25775」で、機体番号(レジ)「VQ-BFR」として登録されています。この機体はロシアのヤマル・エアラインズや、トルコのサガ・エアラインズ で使用されていました。最大積載量は23トンで、航続距離は3,700キロメートルです。胴体横に貨物扉が設けられており、最大で11パレットを搭載可能です。

アトラン・アヴィアトランス・カーゴ・エアラインズの保有機は4機に拡大し、保有する737-400SFはすべてVxキャピタル・パートナーズからリースされています。

メニューを開く