海上自衛隊、墜落した築城基地所属F-2の捜索活動を実施 | FlyTeam ニュース

海上自衛隊、墜落した築城基地所属F-2の捜索活動を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:捜索活動の様子

捜索活動の様子

海上自衛隊は2019年2月20日(水)に発生した築城基地所属F-2の墜落事故で、当該戦闘機機体の捜索活動を、自衛艦隊隷下の部隊が実施しています。その様子がウェブサイトに公開されています。

この事案は2月20日(水)、第8航空団第6飛行隊所属F-2Bの1機が山口県沖の日本海洋上、築城基地の北東約130キロ付近でレーダーから機影消失し、その後墜落が確認されたものです。2名の隊員は現場付近の海域で発見され、芦屋救難隊所属のUH-60Jが要救助者2名を収容しています。

ウェブサイトでは、機体の一部を回収している様子が公開されています。事故当日は、海上を中心に風速10メートル前後まで風が強まるおそれがあり、強風注意報が発表されていました。航空自衛隊では、航空事故調査委員会による調査を開始します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加