築城基地所属のF-2B戦闘機、墜落確認 芦屋UH-60Jが隊員収容 | FlyTeam ニュース

築城基地所属のF-2B戦闘機、墜落確認 芦屋UH-60Jが隊員収容

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:芦屋基地を離陸するUH-60J イメージ

芦屋基地を離陸するUH-60J イメージ

航空自衛隊は2019年2月20日(水)、築城基地所属F-2がレーダー航跡消失した件で、当該機の墜落を確認しました。発生日時は2月20日(水)9時18分ごろ、墜落場所は山口県沖の日本海洋上で、築城基地の北東約130キロ付近です。

当該機は8時48分ごろ、3機編隊の2番機として対戦闘機戦闘訓練のため、築城飛行
場を離陸、9時18分ごろに救難信号が確認され、9時20分ごろにレーダーから機影消失が確認されました。

この事態を受け、9時30分ごろ芦屋救難隊、新田原救難隊が担当する第3救難区域の航空救難発令、10時6分ごろに芦屋救難隊所属U-125Aが浮舟2艇を発見、10時12分ごろに要救助者2名を発見、10時43分ごろに芦屋救難隊所属のUH-60Jが要救助者2名の収容を完了しています。

操縦者の意識ははっきりしており、現時点で自衛隊以外の被害情報はありません。墜落を受け、菅官房長官は2月20日(水)午前の記者会見で、国民に心配をかけたことを陳謝するとともに、今後は防衛省で事故調査と再発防止に努めるとコメントしています。航空自衛隊は、航空事故調査委員会による調査を開始します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加