ANA、那覇空港にFAST TRAVEL導入 3月20日から | FlyTeam ニュース

ANA、那覇空港にFAST TRAVEL導入 3月20日から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:那覇空港 ANA 出発カウンター、イメージ

那覇空港 ANA 出発カウンター、イメージ

  • ニュース画像 2枚目:那覇空港にANA Baggage Dropを導入、イメージ
  • ニュース画像 3枚目:ピクトグラム、例

全日空(ANA)は2019年3月20日(水)から、那覇空港へ新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を導入します。空港に到着後、シンプルでわかりやすく、スムーズに搭乗する取り組みで、3月20日(水)に手荷物を検査する「インライン・スクリーニング・システム」導入に続き、2019年内に「Special Assistance」カウンターを設置、さらに出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアル、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービス導入を予定しています。

「ANA FAST TRAVEL」の国内空港への導入は、羽田、新千歳、福岡への導入に次ぎ、那覇は4番目です。このうち、「インライン・スクリーニング・システム」は、カウンターで手荷物を預けたのち、航空機に搭載されるまで自動的に手荷物の安全性検査が実施されます。手荷物を預け入れる前に実施していたX線検査機による安全性検査が、この新システム導入で預け入れ後に自動で実施され、待ち時間が短縮します。

このほか、からだの不自由な旅客、子ども連れの旅客、搭乗時に手伝いが必要な旅客が利用できる「Special Assistanceカウンター」を設置します。カウンター内部の床材は車いすやベビーカーでの利用時に快適さを意識した素材を採用し、車いすのまま手続きが可能な高さの低いカウンターを導入し、ユニバーサルデザインに配慮します。

さらに出発カウンターのレイアウトを変更し、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」や自動チェックイン機を集約して配置し、特定カウンターの混雑防止や待ち時間削減につなげます。大きな文字やピクトグラムを活用したデザインを採用し、旅客にわかりやすい施設に変更します。

さらに、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を16台、導入します。利用者自身で手荷物を自動手荷物預け機に入れ、表示される操作案内に従い、預け入れが完了できます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加