JAL、羽田/広島線の767-300投入 10月27日以降も継続 | FlyTeam ニュース

JAL、羽田/広島線の767-300投入 10月27日以降も継続

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:JAL 767-300

JAL 767-300

日本航空(JAL)は、2019年9月1日(日)から羽田/広島線の一部便で機材を大型化し、767-300を投入しますが、10月27日(日)から2020年3月28日(土)の2019年度冬スケジュールでも機材の大型化を継続します。

対象便は、羽田発JAL253、JAL259、JAL261、JAL265、JAL267便と、広島発JAL252、JAL254、JAL258、JAL260、JAL266便の5往復便です。767-300はクラスJが42席、普通席は219席、計261席です。ただし、JAL265、JAL266便のみ、クラスJが42席、普通席205席、計252席の767-300を使用します。

これ以外の羽田発JAL255、JAL257、JAL263便と、広島発JAL256、JAL262、JAL264便はこれまで通りクラスJ20席、普通席145席、計165席の737-800を使用します。

期日: 2019/10/27 〜 2020/03/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加