24時間、何時でも戦えるF-15イーグル | FlyTeam ニュース

24時間、何時でも戦えるF-15イーグル

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:アフターバーナーを曳き離陸するF-15Cイーグル

アフターバーナーを曳き離陸するF-15Cイーグル

  • ニュース画像 2枚目:離陸前の整備、点検を受けるF-15C
  • ニュース画像 3枚目:整備中の様子

アメリカ太平洋空軍の第67戦闘飛行隊(67FS)のF-15Cイーグルが2019年9月16日(月)、闇夜の中、嘉手納基地をアフターバーナーを曳きながら離陸しました。アメリカの覇権や同盟国との関係を維持するため、アメリカ空軍の作戦機はいつでも飛び立てる体制が整っています。

F-15は1972年7月に初飛行、1976年1月にアメリカ空軍で実戦配備されました。制空戦闘機としてのF-15はアメリカ空軍の他にイスラエル、サウジアラビアと日本で運用しています。実戦ではレバノン侵攻や湾岸戦争、コソボ紛争などでイスラエル空軍や米軍、サウジアラビア空軍が多数の航空機を撃墜しています。実戦での空中戦では不敗を誇っています。

期日: 2019/09/16
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加