ボーイングとアメリカ海軍、無人空中給油機MQ-25で初飛行 | FlyTeam ニュース

ボーイングとアメリカ海軍、無人空中給油機MQ-25で初飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:無人空中給油機 MQ-25スティングレイ

無人空中給油機 MQ-25スティングレイ

  • ニュース画像 2枚目:無人空中給油機 MQ-25スティングレイ
  • ニュース画像 3枚目:無人空中給油機 MQ-25スティングレイ

ボーイングとアメリカ海軍は2019年9月19日(木)、無人空中給油機MQ-25スティングレイの初めての試験飛行を完了しました。「T1」として開発されているMQ-25試験飛機は、ミッドアメリカ・セントルイス空港の地上管制を通じ、ボーイングのテストパイロットによる操作で、2時間の自律飛行を実施しました。

試験飛行では、自動タキシングから着陸、離陸を経て、所定のルートを飛行し、航空機の基本的な飛行性能と地上管制の運用を検証しました。ボーイングMQ-25プログラムを担当するデイブ・ブジョルド・ディレクターは、「MQ-25の飛行は、ボーイングとアメリカ海軍の開発チームの技術、システム、開発プロセスの努力の証」とコメントしています。

今後の飛行試験プログラムにより、アメリカ海軍が空母で任務を遂行するために必要な安全性、信頼性、能力の確認を進めます。ボーイングは2018年8月、アメリカ海軍と8億500万ドルで2024年までMQ-25を4機、納入する契約を締結しています。

T1は2019年9月、アメリカ連邦航空局(FAA)から実験機向けの耐空性証明を受領しており、安全な飛行を実施する要件を満たしたことが確認されています。試験は引き続きT1を使用し行われ、主要システムとソフトウェア開発を進めます。

期日: 2019/09/19
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加