JAXA航空シンポジウム、静粛超音速機や環境技術の研究進捗を共有 | FlyTeam ニュース

JAXA航空シンポジウム、静粛超音速機や環境技術の研究進捗を共有

ニュース画像 1枚目:JAXA 飛翔 イメージ
JAXA 飛翔 イメージ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年9月5日(木)、「JAXA航空シンポジウム2019~技術をかたちに世界を勝ち抜くキー技術~」を開催しました。

このシンポジウムでは、JAXAが2019年度にスタートした第4期中長期計画から、主な活動としてピックアップした技術分野のうち、静粛超音速機統合設計技術の研究開発や機体騒音低減技術の研究開発、パイロット高度判断支援技術の研究開発など、8つの分野について講演形式で進捗が共有されました。

参加者からは「新規事業のアイデアにつながる情報を期待して参加しました」や、「将来ビジョンを掲げつつ、早期の実用化も目指す活動に期待したい」、「海外でも取り組んでいない革新的な基礎技術に力点を置いてほしい」などの声が挙がっています。

なお、JAXAのウェブサイトには、それぞれの講演について、JAXA航空WEB編集チームが注目した「講演のツボ」が紹介されているほか、講演資料も閲覧できます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く