アメリカン航空、ダラス・ターミナルEに搭乗口2カ所追加 路線拡大へ | FlyTeam ニュース

アメリカン航空、ダラス・ターミナルEに搭乗口2カ所追加 路線拡大へ

ニュース画像 1枚目:ダラス・フォートワース イメージ
ダラス・フォートワース イメージ

アメリカン航空は2020年夏スケジュールにむけ、ダラス・フォートワース国際空港に搭乗口2カ所を追加し、発着路線の拡大を計画しています。

報道によると、アメリカン航空はターミナルEに新たな搭乗口を追加する計画への承認をダラス空港に求めています。ダラス空港側に890万ドルのコストがかかりますが、アメリカン航空からの搭乗口の貸出手数料で払い戻される計算です。

新たな搭乗口は2020年夏スケジュールのリージョナル路線での利用を計画しています。アメリカン航空は現在、ターミナルEで6カ所の搭乗口を利用しており、それぞれの搭乗口で1日7便の到着便、出発便に対応できます。

アメリカン航空は既に、24カ所の搭乗口を持つ、30億ドルの新ターミナルをダラス空港に建設することに合意しており、2025年のオープンを予定しているほか、ターミナルCの更新も計画されています。

メニューを開く