ANA、787-10と787-9を計20機発注 国内線777後継機 | FlyTeam ニュース

ANA、787-10と787-9を計20機発注 国内線777後継機

ニュース画像 1枚目:ANA 787-10と787-9
ANA 787-10と787-9

ANAホールディングス(ANA HD)は2020年2月25日(火)、現在国内線で運航している777の後継機として、787-10を11機、787-9を9機、計20機の追加発注を決定しました。787-10は全て確定、787-9は確定4機、オプション5機です。

787-10は、787シリーズで最長の胴体を有する最新モデルであり、国内線への導入は国内の航空会社として初めてとなります。777と比べ、約25%の燃費改善が見込まれるほか、二酸化炭素などの排出量や騒音を抑えた環境に優しい航空機です。

ANAグループでは、787-8、787-9、787-10と全ての787シリーズを保有しており、シリーズの発注機数は、オプションを含め103機となります。今回発注する機材は、いずれもGEエンジンを装着し、787-10は2022年度から2024年度、787-9は2024年度から2025年度に受領を予定しています。

メニューを開く