統合幕僚監部所属の海上自衛官、新型コロナウイルス感染 | FlyTeam ニュース

統合幕僚監部所属の海上自衛官、新型コロナウイルス感染

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

防衛省は2020年3月13日(金)、統合幕僚監部の隊員が新型コロナウイルスに感染したと公表しました。当該隊員は、市ヶ谷基地統合幕僚監部に所属する40歳代の男性海上自衛官です。

当該隊員は、フランスの国立研究所主催のセミナーへの参加を目的に、2020年3月3日(火)に出国し、セミナーに参加しました。このセミナー参加者の中に、新型コロナウイルス陽性患者が出たことが判明し、セミナー中止を受けて、3月13日(金)にフランス側が指定した航空機で帰国しました。

帰国後、無症状でしたが羽田空港から医療機関へ自衛隊車両で搬送、PCR検査を実施したところ、陽性反応が確認されたものです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加