中国東方航空、欧州へ200便以上の医療物資便を運航 改修した旅客便で | FlyTeam ニュース

中国東方航空、欧州へ200便以上の医療物資便を運航 改修した旅客便で

ニュース画像 1枚目:中国東方航空が貨物を搭載する様子
中国東方航空が貨物を搭載する様子

中国東方航空は2020年6月5日(金)、旅客機を活用した専用貨物便を済南からミラノへ運航し、20トン以上の物資を輸送しました。これは、中国東方航空が中国からイタリアに医療機器を輸送した22便目のフライトとなります。

中国東方航空は3月12日(木)に、イタリアにとって初の国際支援便として、ローマへ医療専門家9人と9トンの物資を輸送し、これまで3組の医療専門家と、医療物資200トンをイタリアに輸送しています。

中国東方航空では、旅客機であるA330の14機から座席を取り除く改修を行い、90平方メートルの貨物搭載スペースを2倍に拡大し、中国/イタリア間だけでなく、ヨーロッパの20都市以上に2,000トンの医療物資を輸送しています。

近ごろでは週300便の貨物便を運航し、5月時点で1万トンの医療品を世界20カ国に輸送するなど、中国東方航空は新型コロナウイルス(COVID-19)で打撃を受ける世界のサプライチェーンの安定化に貢献しています。

期日: 2020/06/05から
ニュースURL
メニューを開く