羽田空港、約1坪の靴店舗が登場 3D測定とデジタル試着技術を活用 | FlyTeam ニュース

羽田空港、約1坪の靴店舗が登場 3D測定とデジタル試着技術を活用

ニュース画像 1枚目:羽田にオープンした約1坪の靴店舗「Flicfit(フリックフィット)」
羽田にオープンした約1坪の靴店舗「Flicfit(フリックフィット)」

羽田空港に2020年12月17日(木)、約1坪の靴店舗「Flicfit(フリックフィット)」がオープンしました。ボックス型の無人店舗で、日本初上陸となるシューズブランド「Paper Planes」を販売します。サステナブルな靴として業界で注目を集めるメリノウール素材100%で製造されたメリノシューズです。

店舗では、設置された大画面を通して、ARデジタル試着で実際に履いた様子を画像で確かめ、気に入ったデザインを選択後、フットスキャナーによる足の3D測定で最もフィットするサイズの靴が提案されます。画面に映し出されたQRコードをスマートフォンで読み取り注文すると、後日郵送で靴が届きます。デザインやサイズが合わない場合、無料で返品が可能です。

通常のEC店舗で靴をネット注文すると、サイズ感や着用したイメージが分かりにくい場合があります。フリックフィットは、足の3D測定やデジタル試着ができることから、イメージに近い靴の購入につながります。また、コロナ禍において非対面で靴を購入できるというメリットもあります。

店舗は第1ターミナルの5階「THE HANEDA HOUSE」で営業しています。

メニューを開く