ANA、2021年度の貨物定期便 11機で11路線・週65往復運航

ANA、2021年度の貨物定期便 11機で11路線・週65往復運航

ニュース画像 1枚目:ANA 777F イメージ (あおいそらさん撮影)
ANA 777F イメージ (あおいそらさん撮影)

全日空(ANA)は、2021年度の貨物便輸送事業計画を策定しました。3月28日(日)から、全て成田発着で11路線、週間で計65往復を運航します。保有する11機の貨物専用機を最大限に活用するため成田空港発着に集約し、機材効率を向上させます。

ANAは現在、旅客機からの貨物改修を含むボーイング767-300型貨物機(F)を9機、ボーイング777型貨物機(F)を2機で運航しています。日本発着の輸送需要、成田経由のアジア・中国と欧米間の輸送需要を積極的に取り込み、収益向上につなげます。

これまで、貨物機を使用して運用していた沖縄国際物流ハブについては、貨物専用機を使用するモデルから、那覇空港に就航する他社の国際旅客便とピーチの貨物スペースを活用したモデルへ移行すると発表しています。那覇ではeコマース商品など少量、かつ速達性が求められる輸送需要への対応もカバーし、成田発着では貨物専用機で収益性の高い輸送を担います。

成田発着で使用する貨物専用機は、貨物定期便に加え、チャーター便や臨時便を機動的に設定します。需要動向、収益性を見極めながら、運航していない地点や路線の貨物便就航、旅客機を利用した貨物便も検討します。

計画では、大型機の777Fは、成田発着のシカゴ、フランクフルト線に加え、上海線の一部に投入します。このほか、成田発着のバンコク、シンガポール、香港、台北、ソウル・仁川、上海、青島、厦門、広州線は767Fで運航します。

■ANA貨物機 2021年度運航計画
路線便名
(成田発/海外発)
週間便数機材
シカゴ線NH8402/NH84015往復777F
フランクフルト線NH8405/NH84062往復777F
バンコク線NH8507/NH85107往復767F
シンガポール線NH8411/NH84125往復767F
香港線NH8511/NH85126往復767F
NH8513/NH85421往復767F
台北線NH8441/NH84427往復767F
ソウル線NH8475/NH84766往復767F
上海線NH8403/NH84041往復767F
NH8431/NH84323往復777F
2往復767F
NH8517/NH85181往復777F
5往復767F
青島線NH8427/NH85064往復767F
厦門線NH8515/NH85164往復767F
広州線NH8489/NH84906往復767F
期日: 2021/03/28から
この記事に関連するニュース
メニューを開く