ダッソー、ギリシャ空軍に初のラファール納入

ダッソー、ギリシャ空軍に初のラファール納入

ニュース画像 1枚目:ギリシャ空軍に納入されたラファール
ギリシャ空軍に納入されたラファール

ダッソーは2021年7月21日(水)、ギリシャ空軍へ初のラファールを納入しました。第125イストル・ル・テュベ空軍基地に隣接するダッソーの施設で、ギリシャのニコラオス・パナギオトプロス国防相が出席し、納入式典が開催されました。

ギリシャ空軍は、2021年夏に機体納入を要望。その納期に応えるため、フランス政府とダッソー・アビエーションが協議し、フランス空軍向けのラファールをギリシャ空軍への譲渡を含め、18機を納入します。2020年9月に購入合意、2021年1月末に譲渡など詳細が決定し、6カ月と短期間での1機目の納入に至りました。

納入された1機目と、フランス空軍から譲渡される5機、計6機を使用し、ギリシャ空軍のパイロットと整備訓練を実施します。今回の納入を前に、すでにギリシャ空軍のパイロットは訓練を実施しています。なお、ギリシャ空軍はラファールをタナグラ空軍基地に配備する計画です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く