JALとNEC、石垣島でフライトから観光までスムーズに 顔認証活用

JALとNEC、石垣島でフライトから観光までスムーズに 顔認証活用

ニュース画像 1枚目:顔認証の様子
顔認証の様子

日本航空(JAL)と日本電気(NEC)は2021年11月20日(土)から、顔認証技術を活用したPCR検査陰性結果をスムーズに確認する実証実験を石垣市内で実施します。JALとNECはデジタル技術を活用し、空港を中心に航空機を利用するシーンで協業に取り組んでいます。石垣市では、訪問者に医療体制崩壊の防止策としてPCRまたは抗原検査受検を依頼しており、「あんしん島旅プレミアム」で検査結果を提示する方に特典を提供しています。この検査結果をJALとNECは顔認証技術を活用し、海上交通や観光地への活用エリアの拡大に取り組みます。

実証実験は、旅行出発前にサービス利用の登録サイトで顔情報とPCR検査結果通知書を登録し、石垣空港の専用窓口で顔認証すると、「あんしん島旅プレミアムパスポート」をスムーズに受け取りでき、八重山観光フェリーなどの顔認証対象店舗でも手ぶらで簡単に特典を受けることができる流れを構築しています。これにより、旅行客だけでなく、現地で利用者を受け入れる迎えする方々にとって旅行全体の安全・安心かつストレスフリーな体験の実現を目指します。

このサービスの利用対象は、「JALあんしんPCRサポート」を申し込みした方です。JALは羽田、関空発着で石垣線の直行便に加え、年末年始の12月24日(金)から1月4日(火)、春休みの3月18日(金)から3月26日(土)に、羽田/石垣線の機材大型化でファーストクラス搭載のボーイング767-300ER型の投入、名古屋(セントレア)/石垣線の運航再開も予定しています。利用者の増加する見込みに合わせ、この実証実験を通じて、PCR検査の利用促進に取り組みます。

期日: 2021/11/20から
メニューを開く