空自C-130H、ブルネイ・フィリピンへ国外運航訓練

空自C-130H、ブルネイ・フィリピンへ国外運航訓練

ニュース画像 1枚目:空自 C-130H (kikuraccoさん 2014年2月23日撮影)
空自 C-130H (kikuraccoさん 2014年2月23日撮影)

航空自衛隊は2022年1月17日(月)から1月20日(木)まで、C-130H輸送機による国外運航訓練を実施します。この訓練は、東南アジア方面の航空路と地域特性を把握し、部隊の国外任務遂行能力の向上を目的としています。寄航先はブルネイ、フィリピンの2カ国です。

参加部隊は小牧基地に所在する第1輸送航空隊で、参加人員は航空支援集団の約20名です。国外運航訓練は、在外邦人の輸送、国際平和協力活動などの際、空自機の派遣に備えた活動で、訓練を通じて運航に対応できる態勢を確保します。

第1輸送航空隊のC-130Hは、2021年3月にベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港への国外運航訓練を実施しています。

期日: 2022/01/17 〜 2022/01/20
メニューを開く