ブルーインパルスも飛ぶ!百里基地航空祭 2022、開催概要決定 有料観覧席 11/6締切

ブルーインパルスも飛ぶ!百里基地航空祭 2022、開催概要決定 有料観覧席 11/6締切

ニュース画像 1枚目:百里基地航空祭 2019 F-2 (石鎚さん 2019年12月1日撮影 13-8513 三菱 F-2A 航空自衛隊)
© FlyTeam 石鎚さん
百里基地航空祭 2019 F-2 (石鎚さん 2019年12月1日撮影 13-8513 三菱 F-2A 航空自衛隊)

航空自衛隊 百里基地は、2022年12月4日(日)に開催する「百里基地航空祭 2022」の概要と有料観覧席の募集を発表しました。入場制限や事前申込の必要はなく、開催されます。時間は、8時30分から14時までです。

飛行展示では、ブルーインパルス、百里基地所属のF-2戦闘機、U-125A捜索救難機とUH-60J救難ヘリコプターなどが登場予定。また、地上展示では、陸海空の自衛隊航空機やペトリオットなどが予定されています。

有料観覧席 2種類(A席、B席)が設けられます。A席はエプロン地区で100席、B席は消防庁舎屋上で30席。料金は10,000円で、専用駐車場が用意されます。持込できるカメラは、カメラ本体、レンズ(最大伸長時)及びフードの全長を合わせて、70cm以下のものに限られます。申し込みは、航空自衛隊のウェブサイトからの受け付けのみです。応募締切は、11月6日(日)です。応募多数の場合は抽選が行われます。

期日: 2022/11/06まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く