米旅行誌の世界のベスト10エアラインにANAが返り咲き | FlyTeam ニュース

米旅行誌の世界のベスト10エアラインにANAが返り咲き

アメリカの旅行誌「Travel + Leisure(トラベル&レジャー)」による2013年版の世界のベストエアラインが発表されています。同誌はホテルなど各種、旅行サービスの読者調査を実施、航空会社については客室内の快適さ、搭乗中のサービス、顧客サービスと付加価値の4項目で調査しています。

2013年版では日本の航空会社では、2011年版以来となる全日空(ANA)がトップ10に返り咲いています。ただ、顔ぶれは大きく変わらず、シンガポール航空が1位と強さを見せています。

スカイトラックスのランキングと比べると、10位までの航空会社のうち6社がスカイトラックスの総合ランキングに入っています。また、アジアの航空会社が6社と例年通り、アジアの航空会社は高い評価を得ています。

ランキングは以下のとおりです。また、アメリカの航空会社ランキングなどはトラベル&レジャーのウェブサイトを参照ください。

順位2013年2012年2011年
1位シンガポール航空シンガポール航空シンガポール航空
2位エミレーツ航空ニュージーランド航空エミレーツ航空
3位カタール航空エミレーツ航空エティハド航空
4位アシアナ航空大韓航空ニュージーランド航空
5位キャセイパシフィック航空キャセイパシフィック航空ヴァージン・アトランティック航空
6位ヴァージン・アトランティック航空アシアナ航空キャセイパシフィック航空
7位大韓航空カタール航空全日空
8位ニュージーランド航空ヴァージン・アトランティック航空大韓航空
9位タイ国際航空タイ国際航空タイ国際航空
10位全日空エバー航空カタール航空
この記事に関連するニュース
メニューを開く