東レ、サウスカロライナ州に新たな事業用地取得 複合材事業展開へ | FlyTeam ニュース

東レ、サウスカロライナ州に新たな事業用地取得 複合材事業展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

東レは2014年2月、アメリカ・サウスカロライナ州スパータンバーグ郡に約400エーカー、160万平米の事業用地を新たに取得したと発表しました。東レでは先端材料事業拠点として積極的に経営資源を投入する計画です。

特に、航空機、天然ガス圧力容器など高機能、高品質の炭素繊維「トレカ」の需要拡大が見込まれる炭素繊維複合材料事業で、原糸(プリカーサ)から焼成まで一貫の高性能炭素繊維生産設備、炭素繊維「トレカ」を使った中間基材の「トレカ プリプレグ(炭素繊維樹脂含浸シート)」の生産設備を新設する検討を進めています。2020年までに1,000億円規模を投資し、アメリカでの事業の拡大する計画です。

東レはボーイング、エアバスの2大航空機メーカーなどに航空機向けの部品などを提供しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加