ANA、777-9X、777-300ER、787-9、A320neo、A321neo 計70機発注 | FlyTeam ニュース

ANA、777-9X、777-300ER、787-9、A320neo、A321neo 計70機発注

全日空(ANA)などを傘下に置くANAホールディングスは、2014年3月27日の取締役会で5機種の機材発注を同時決定したと発表しました。

発注は777-300ERの後継機として、777-9Xを20機新規発注。777-9Xの導入までの国際線成長のため、777-300ERを6機追加発注します。

787-9は14機追加発注し、787シリーズは合計80機の発注と、再び世界最大の787発注する航空会社となります。

また、737-500、A320現行機の機材更新には、A320neoを7機、A321neoを23機、新規発注します。

大型、中型、小型と同時に計70機を確定発注し、ANAグループでは過去最大の発注機数です。

ANAはこの発注について、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、アジアで成長する需要の取り込みや訪日外国人2,000万人の達成に向けた対応、日本人の海外渡航需要拡大に備えるとしています。

メニューを開く