エールフランス航空、羽田/パリ線に就航 | FlyTeam ニュース

エールフランス航空、羽田/パリ線に就航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

エールフランス航空は2014年3月30日から、羽田国際空港への運航を開始しました。初便は機体記号(レジ)「F-GSPA」の777-200ERを使用しました。

パリ、シャルル・ド・ゴール空港を3月30日に出発したAF272便は、桜の開花をイメージしたポスター、バナーを飾り、エールフランスのスタッフが搭乗橋通路の両側に並び、出発する旅客を送り出しました。

エールフランス 777-200

この機内で、ファーストとビジネスの旅客にパリで活躍する高級洋菓子のパティスリー、「Sadaharu AOKI paris」とコラボレーションしたボックス入りのチョコレ
ート、初便を記念したブックマークがプレゼントされました。

3月31日の羽田発AF279便の出発では、東京航空局の植木憲司東京国際空港長などを招き、テープカットセレモニーを開催しました。搭乗客には搭乗証明書、羽田就航を記念して製作した特製のキーホルダーがプレゼントされました。

エールフランス 羽田セレモニー

エールフランスは羽田からは夏スケジュール期間中、1日最大2便、朝と夜のフライト、成田空港からは毎日1便、昼のフライトを運航します。これにより、フライトの時間帯の選択肢が広がり、旅程も組みやすくなります。

羽田線の機材はビジネス35席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー250 席、計309席の777-200を午前便で使用。夜のフライトはファースト8席、ビジネス67席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー200席の計303席の777-300を使用します。

期日: 2014/03/31から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加