9月6日のANA140便が重大インシデント-急降下で乗務員2名が軽傷 | FlyTeam ニュース

9月6日のANA140便が重大インシデント-急降下で乗務員2名が軽傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA) は2011年9月6日、エアーニッポンが運航する那覇発羽田行きのANA140便が静岡県浜松市の南側付近を飛行中に急降下、客室乗務員2名が軽傷を負った。搭乗客に怪我はなかった。運輸安全委員会はこの事案を重大インシデントと認定し、調査を行う。

当該機はB737-700型、機体番号(レジ)「JA16AN」。機長がトイレからコックピットへ戻る際、副操縦士がドアを解錠するスイッチと機体の向きを調整するスイッチを誤ったことが急降下した直接の要因と見られている。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加