スホーイ、ロシア空軍にSu-34戦闘爆撃機を納入 2016年で3回目

スホーイ、ロシア空軍にSu-34戦闘爆撃機を納入 2016年で3回目

ニュース画像 1枚目:Su-34戦闘爆撃機
Su-34戦闘爆撃機

ロシアのスホーイは2016年10月31日(月)、2016年で3回目となるSu-34戦闘爆撃機をロシア空軍に納入したと発表しました。機数は複数機と発表されているものの、機数の詳細は明らかにされていません。

この機体は10月21日(金)、ロシア軍が調印し、ノボシビルスクのV.P.チカロフ工場からそれぞれの配備基地に向けてフェリーされました。

ノボシビルスクのV.P.チカロフ工場は現在、最大の効率化を図り、本格的な生産を行っています。スホーイはロシア政府と2020年までの長期的・計画的な生産を契約しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く