カンタス航空、100周年の2020年に747を完全退役 | FlyTeam ニュース

カンタス航空、100周年の2020年に747を完全退役

ニュース画像 1枚目:カンタス航空 747-400
カンタス航空 747-400

カンタス航空は2018年5月2日(水)、同社が保有する747-400を2020年に完全退役させる計画を発表しました。現在、カンタス航空は747-400を10機保有しており、もっとも古い機体で1998年に受領した「VH-OEB」、新しい機体は2003年7月に受領した「VH-OEJ」があります。

カンタス・グループのアラン・ジョイスCEOは、「ひとつの時代の終わりであり、もう一つの時代の始まり」と747の退役についてコメントし、1971年に導入した747-200以降、同社が747-100、747SP、747-300、747-400ERと747の各機種を40年以上にわたり使用し、100周年にあわせた2020年の完全退役の決定を感慨深く振り返っています。

カンタス航空は、保有する10機を2018年7月から2020年まで順次、退役を進めていきます。2020年までにA380の客室アップグレードを進め、787-9の導入を進めることで、大型機の提供するサービスの質を維持し、中型機への機材更新を進めます。

■2018年5月現在のカンタス航空747-400
VH-OEB
VH-OEE
VH-OEF
VH-OEG
VH-OEH
VH-OEI
VH-OEJ
VH-OJS
VH-OJT
VH-OJU
※詳細は機体データを参照
メニューを開く