横田基地、F-22とKC-135がダイバート 所属などは不明 | FlyTeam ニュース

横田基地、F-22とKC-135がダイバート 所属などは不明

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:2017年に横田へ飛来したF-22

2017年に横田へ飛来したF-22

アメリカ軍横田基地に2019年2月21日(木)、アメリカ軍機のダイバートが決定しました。
防衛省北関東防衛局を通じて、立地自治体の立川市が発表しています。

ダイバートするのは、F-22が2機、KC-135が2機で、午後の早い時間帯に横田基地へ着陸予定としています。天候不良が理由となっていますが、機体の所属や飛行予定地などの詳細は不明となっています。

横田基地は、他基地への着陸、あるいはアメリカの航空会社の民間機が成田空港の悪天候や地震の際、ダイバートを受け入れています。今回の着陸機は、アメリカ空軍の所属とみられます。

期日: 2019/02/21
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加