フェデックス、インターナショナル・エコノミー・サービスエリアを拡大 | FlyTeam ニュース

フェデックス、インターナショナル・エコノミー・サービスエリアを拡大

ニュース画像 1枚目:フェデックス イメージ
フェデックス イメージ

国際総合航空貨物輸送会社のフェデックス・エクスプレスは2019年10月10日(木)、「フェデックス・インターナショナル・エコノミー・サービス」の提供エリアを拡大したと発表しました。

アジア太平洋地域の主要市場とヨーロッパを結ぶ既存路線に加え、「インターナショナル・エコノミー・サービス」をブルガリア、マルタ、キプロスに拡大しました。また、「インターナショナル・エコノミー・フレイト・サービス」をルーマニアとエストニアへ広げ、両地域間の路線を68本増加しています。

フェデックス・インターナショナル・エコノミー・サービスは、通関手続きを含むドアツードアの国際輸送サービスで、納期に比較的余裕のある輸送において手頃な料金で利用できるのが特徴です。事業を拡大する中小企業が増えており、輸送時間を重視するエクスプレス輸送に加え、輸送時間に余裕があるサービスの選択肢が模索されていることから、フェデックスではネットワーク拡大を図っています。

メニューを開く