JAL、10月国際線 減便率86% | FlyTeam ニュース

JAL、10月国際線 減便率86%

ニュース画像 1枚目:JAL
JAL

日本航空(JAL)は2020年10月1日(木)から10月31日(土)まで、国際線で運休・減便を実施します。新型コロナウイルス感染症の影響に伴う路線計画の変更です。対象は運航を計画していた全60路線で、計画4,898便のうち4,195便を減便します。減便率は9月の87%から1ポイント減の86%です。

10月からの主な変更点は、羽田/台北・松山線を再開するほか、羽田/シドニー線の往復運航を再開します。羽田/シドニー線は現在、羽田発のみ旅客が搭乗できる片道運航ですが、シドニー発にも搭乗できるようになります。

このほか、運休を継続する日本/ホノルル間で臨時便を2往復設定しています。また、北米/東南アジア、ヨーロッパ/オセアニア間を移動する旅客の利便性向上で、一部路線を増便します。

なお、仁川、釜山線の韓国路線は、引き続き全便運休となります。

方面10月
計画便数減便数運航便数減便率
北米80654725968%
欧州43430512970%
東南アジア1,11690920781%
オセアニア1241081687%
ハワイ・グアム558554499%
東アジア (以下 内訳)1,8601,7728895%
北京・大連・天津・上海・広州9929741898%
香港1241081687%
台北・高雄4343805488%
ソウル・釜山3103100100%
合計4,8984,19570386%
期日: 2020/10/01 〜 2020/10/31
この記事に関連するニュース
メニューを開く