JAL、12月からニューヨーク・ロサンゼルス線を一部増便 | FlyTeam ニュース

JAL、12月からニューヨーク・ロサンゼルス線を一部増便

ニュース画像 1枚目:JAL イメージ (やまけんさん撮影)
JAL イメージ (やまけんさん撮影)

日本航空(JAL)は2020年12月から、日本/アメリカ間の一部路線を増便します。対象は、羽田発着のニューヨーク・JFK、ロサンゼルス線、関西/ロサンゼルス線の3路線です。

羽田/ニューヨーク・JFK線のJL6/JL5便は現在、月、木、土の週3往復ですが、12月15日(火)から火曜を追加し、週4往復に増便します。JL4/JL3便は引き続き運休です。

羽田/ロサンゼルス線は現在、羽田発が水、日、ロサンゼルス発が月、木の週2往復の運航ですが、12月11日(金)から羽田発に金曜、ロサンゼルス発に土曜を追加し、週3往復体制とします。

関西/ロサンゼルス線は現在、ロサンゼルス発JL69便のみ土曜の週1便で運航していますが、12月18日(金)が追加運航日に設定されています。関西発のJL60便は引き続き運休です。

期日: 2020/12/11から
この記事に関連するニュース
メニューを開く