ANA、国内線の特典航空券 旅客施設使用料を徴収 10月搭乗分から | FlyTeam ニュース

ANA、国内線の特典航空券 旅客施設使用料を徴収 10月搭乗分から

ニュース画像 1枚目:ANAイメージ(きんめいさん撮影)
ANAイメージ(きんめいさん撮影)

全日空(ANA)は2021年10月1日(金)搭乗分から、特典航空券で国内線旅客施設使用料(PFC)の代行徴収を開始します。2021年8月29日(日)以降に発券、10月1日(金)以降に搭乗する徴収対象の空港を発着する特典航空券です。

具体的には、いっしょにマイル割運賃のマイレージ利用旅客を含む「国内線特典航空券」、「国際線特典航空券に含まれる日本国内区間」です。後者はANA便名のコードシェア便を利用する場合も含みます。

対象空港は、新千歳、仙台、成田、羽田、中部(セントレア)、伊丹、関西、北九州、福岡、那覇の10空港です。

なお、8月28日(土)までに発券した国内線特典航空券は、発券後に予約変更してもPFCは追加徴収されません。一方、国際線特典航空券に含まれる日本国内区間については、8月29日(日)以降に予約変更した場合、PFCが追加徴収されます。

空港別の使用料は以下の通りです。

発着空港大人
(満12歳以上)
小人
(満3歳以上満12歳未満)
新千歳空港270円140円
仙台空港230円120円
成田空港450円220円
羽田空港290円140円
中部空港440円220円
伊丹空港260円130円
関西空港440円220円
北九州空港100円50円
福岡空港110円50円
那覇空港120円60円
期日: 2021/08/29から
メニューを開く