JAL、2月国内線 3,000便をさらに減便 | FlyTeam ニュース

JAL、2月国内線 3,000便をさらに減便

ニュース画像 1枚目:JALイメージ(Matyaruさん撮影)
JALイメージ(Matyaruさん撮影)

日本航空(JAL)をはじめとするJALグループは、2021年2月1日(月)から2月28日(日)までの国内線で減便を追加決定しました。2月搭乗分では、11,387便の減便を1月15日(金)に発表しています。これに加え、今回は2,926便を追加。2月の減便数は計14,313便、減便率は61%に拡大します。

今回の減便で、特に減便数が多いのは、羽田発着の那覇、山口宇部線、伊丹発着の出雲、長崎線、福岡/宮崎線、那覇/石垣線です。これらの路線では、各路線100便以上を追加で減便します。

今回の減便により、2月に完全運休になるのは、羽田発着の秋田、山形線、伊丹/出雲線、福岡/屋久島線です。

期日: 2021/02/01 〜 2021/02/28
この記事に関連するニュース
メニューを開く