ブルーインパルス、正午すぎオリンピック開会式前の予行 都心を飛行

ブルーインパルス、正午すぎオリンピック開会式前の予行 都心を飛行

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス
ブルーインパルス

航空自衛隊の第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」は2021年7月21日(水)、「東京2020オリンピック」開会式前の展示飛行のため、予行を実施します。第11飛行隊のT-4、12機が入間基地に展開しており、予行でも12機が飛行し、万一の事態にも対応するとみられます。

航路は発表されている通り、入間基地から離陸。練馬区から南下して東京都心の各区を飛行します。東京都庁を2度通過するほか、国立競技場の上空でオリンピックシンボルを描きます。

練馬、中野、新宿、渋谷、港、中央、墨田、台東、千代田、文京、目黒などを飛行し、世田谷、狛江市、調布方面を通過して入間基地に戻ると見られます。12機で飛行しますが、6機編隊が都心を飛行するため、残る6機は練馬区や、入間から飛行する埼玉県の上空で待機すると見られます。

コロナ禍を考慮し、空自では正確な時間を発表していません。東京23区では30度を超えて真夏日となっているため、熱中症にも注意が必要です。

■入間基地に展開したブルーインパルス12機
06-5787
06-5790
16-5663
16-5666
26-5686
26-5690
26-5692
36-5693
36-5694
36-5697
06-5784 (ノーマル塗装)
56-5734 (ノーマル塗装)
この記事に関連するニュース
ニュースURL
メニューを開く