UTCエアロスペース、1万個目の737向けインレットとファン・カウル納入 | FlyTeam ニュース

UTCエアロスペース、1万個目の737向けインレットとファン・カウル納入

UTCエアロスペース・システムズは2014年7月13日、ファンボロー・エアショー2014において、通算10,000個目となる737 Next-Generation向けのインレット、ファン・カウルを納入したことを発表しました。

これらの部品は今後、CFMインターナショナルが製造するCFM56-7エンジンに装着されることになります。

UTCエアロスペースは1995年から、737向けのインレットとファン・カウルの製造を始めました。今回の10,000個に至るまで、6,700万本の留め具、1,612トンのアルミニウム、539トンのチタン、600,000立方フィートのハニカム材料が費やされました。

メニューを開く