ボーイング737-900 航空機 徹底ガイド

ボーイング737-900

ボーイング737-900(Boeing 737-900)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 737NG

ボーイング737-900 航空機ガイド

ボーイングが製造した737-900に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になる737-900に関する製造航空機(565機)、ニュース記事(108本)、飛行機写真(航空フォト:10,110枚)、搭乗記・口コミ(138件)、航空イベント(1件)を提供しています。

ボーイング737-900について

ボーイング 737-900は、ボーイングが製造する737シリーズの第3世代型「737ネクストジェネレーション(NG)」の機種です。2000年に初飛行し、2001年5月にローンチカスタマーのアラスカ航空に機体番号(レジ)「N305AS」が引き渡しされました。

機体の全長は42.10メートルと、導入時点では737NGシリーズで最長の派生型となりました。これまでに737-900として52機が製造され、航続距離を延長、座席数を増やした737-900ERも製造されています。

座席は737-900が2クラスで約177席、1クラス仕様で189席、最大航続距離は約5,000キロメートル、これに対して737-900ERは最大座席数201席、航続距離5,900キロメートルです。737-900ERのローンチカスタマーはライオンエアで2007年4月に納入されています。

コクピットは、大型の液晶画面を装備したグラスコクピットが採用され、後に左席のみオプションでヘッドアップディスプレイ(HUD)も装備できる仕様になっています。ディスプレイには従来型と同じ計器を表示することが可能であるため、従来型と操縦規格の共通性を持ち、パイロット育成のコストを抑えることができます。

初飛行日 2000年8月3日
推奨客席数 162席〜215席
航続距離 5,000km(737-900)、5,900km(737-900ER)
製造機数 52機
製造終了年 2005年
ローンチカスタマー アラスカ航空
日本で使用する航空会社 なし

ボーイング737-900 投稿・登録状況

登録機体数
565機
ニュース記事
108本
イベント
1件
航空フォト
10,110枚
搭乗レビュー
138件
運航航空会社
18社
派生型
737NG 737-600 | 737-700 | 737-800 | 737-900 | C-40 | P-8 ポセイドン
ICAO機種コード
B739
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイング737-900」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイング737-900 記事

ボーイング737-900の航空・飛行機に関するニュース記事 108件が配信されています。

ボーイング737-900 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、ボーイング737-900の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、10,110投稿されています。

ボーイング737-900 搭乗レビュー

ボーイング737-900の搭乗レビュー 138件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

ボーイング737-900 過去のイベント情報

ボーイング737-900のイベント情報(過去) 1件が登録されています。
メニューを開く