ボーイングKC-46ペガサス試作1号機が初飛行 | FlyTeam ニュース

ボーイングKC-46ペガサス試作1号機が初飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:2014年12月28日、初飛行したKC-46Aペガサス試作1号機

2014年12月28日、初飛行したKC-46Aペガサス試作1号機

ボーイングとアメリカ空軍は、2014年12月28日、KC-46A(767-2C「N461FT」)ペガサスの試作1号機が、初飛行に成功したと発表しました。

N461FTは現地時間の9時29分に、ワシントン州のエバレット工場に隣接するペインフィールド飛行場を離陸し、3時間29分飛行して13時01分にシアトルのボーイング・フィールド飛行場に着陸しました。

ボーイングは、KC-46Aの試作(EMD : Engineering, Manufacturing and Development)機4機を製造しますが、2機は当初民間機として登録される767-2Cで、2機が軍用の空中給油機KC-46Aとして製造されます。767-2Cは空中給油システムをつけない民間貨物機として飛行試験を行い、KC-46AはFAAの民間機としての認証と、軍用の認証を取得することになります。

厳密な意味でのKC-46Aの初飛行は、EMD2号機により2015年春に予定されています。契約では、2017年8月までに18機が作戦可能な状態でフライト・ラインに並んでいることが求められています。アメリカ空軍はKC-46Aを179機導入する計画を立てています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加