クリスタル・クルーズ、航空会社設立へ 60席の787で超高級世界一周ツアー

クリスタル・クルーズ、航空会社設立へ 60席の787で超高級世界一周ツアー

ニュース画像 1枚目:クリスタル・ラグジュアリー・エアの塗装イメージ
クリスタル・ラグジュアリー・エアの塗装イメージ

クリスタル・クルーズは2015年7月19日、事業を大幅に拡大し、海でのクルーズに加え、リバークルーズ、ヨット、航空事業とラグジュアリー・トラベル分野で大幅に拡大すると発表しました。クリスタル・クルーズは、2015年3月に日本郵船がゲンティン香港へ売却を発表し、5月には売却手続きが完了しており、新たな親会社の下で、大幅な事業拡大をめざす方針を発表したものです。

このうち、航空事業は2017年に「クリスタル・ラグジュアリー・エア」を設立します。使用機材は787で、導入すると見られる787-8の国際線3クラス仕様で210席から250席が標準のところ、60席で運航します。全席ビジネスクラスシートを装備し、全てリクライニングができるようになり、主要な航空会社が直行便を運航しない地点に乗り入れを行う計画です。

この機材を使い、およそ28日間の旅程で、10地点から12地点の世界各地をめぐり、最高級のホテルやリゾートホテルに滞在し、セレブシェフの手がけた食事を楽しむといった世界ツアーを提供する計画です。クルーズで世界一周は、少し長過ぎるとの要望に応えたサービスで、クルーズ船で提供する高級サービスを保ちながら、快適に世界をめぐるツアーを提供します。

航空機での超高級世界一周ツアーは、ホテル運営が主力のフォーシーズンズ・ホテルが専用の757をリースして運航、同社の運営ホテルを巡るツアーを販売しています。世界のラグジュアリー市場は拡大していることから、こうした新しいサービスも拡大の余地があるようです。

この記事に関連するニュース
メニューを開く